住宅購入の流れ

このページでは、住宅を購入する際の流れと注意点について説明しています。

住宅購入まで流れと注意ポイント

[資金計画]
不動産購入では物件価格だけではなく、税金や諸経費といった費用の総額で考えなければなりません。一般的に諸経費は、物件価格の6〜9%くらいを目安に。その他にも引越代や家具購入など、新生活を始める準備のためのお金も必要となります。

[情報収集]
住もうと思っている場所や地域の特色、駅までの距離、住環境といった内容をはじめ、購入したい(建てたい)物件の間取りや広さを探っていきます。予算を明確にしておき、その上で地域の相場や特徴などの情報を集めて、購入計画をたてましょう。

[物件見学]
物件自体のチェックはもちろん大切ですが、物件の周辺環境や最寄り駅までの距離や時間、近隣の住環境もしっかりと調べておくこと。物件のチェックでは、予めチェックリストを用意して当日見学をすれば、後々の整理もしやすくなります。

[不動産売買契約]
購入したい物件が決まったら購入申し込みをして、住宅ローン事前審査の申し込みも平行して行ないます。通常不動産売買契約成立後に住宅ローンの申し込みとなりますので、審査の可否を事前にしっかりと確認しておいた方がよいでしょう。

[住宅ローン契約]
銀行といった民間金融機関をはじめ、財形住宅融資や住宅金融支援機構(フラット35)など、どのローンを利用するか決定します。この時、金融機関の特典や金利状況、特定の不動産会社を利用した際に優遇措置があるかどうかなどを比較して検討すれば、最適なローン先が見つかるはずです。

[物件引渡し]
引渡し前に現地で物件を立ち会い確認します。問題があるようなら、その場で業者に確認し、修正や変更を求めるようにしてください。さらに登記など必要な書類の確認も必要になります。

[引越し]
電気・ガス・水道・電話・プロバイダの移転手続きといったライフラインを使えるようにします。また役所や学校、金融機関など、住所変更の手続きを行ないます。

ページのトップへ