京田辺市の不動産相場と住みやすさ

このページでは、京田辺市の不動産相場や地域情報をまとめています。

京田辺市の不動産相場情報

●新築一戸建て
2,917.14万円(5LDK~5DK)
2,897.84万円(すべて)

●新築マンション
2,555万円(~70m2)
3,161万円(~90m2)

●土地
1,080万円(~80m2)
1,673万円(~100m2)

※京田辺市の物件相場目安です。実際の価格は日々変動していますので、あくまでも目安になります。

京田辺市の物件例

●新築一戸建て
価格:2,600万円
間取り:4LDK
建築面積:117.45m2
土地面積:120.10m2
構造:木造2階建て

●新築マンション
京阪東ローズタウンライズプレイス
価格:3,200万円台
総戸数:1311戸
平均面積:78m2
平均坪単価:135万円台

●土地
価格:91,380万円
土地面積:152.03m2
建ぺい率/容積率:60%/200%

京田辺市の住みやすさや行政サービス

京都府南部に位置し、大阪府・奈良県との府県境近くにある京田辺市。東は木津川を挟んで城陽市や井手町。南は精華町。西は大阪府枚方市及び奈良県生駒市。北は八幡市と隣接しています。京都市、大阪市、奈良市を結ぶ三角形のほぼ中央にあるといえば場所のイメージがつかめるでしょうか。

京都・大阪・奈良共に交通の利便性がよく、ベットタウンとしても発展してきました。市内には近鉄京都線、JR片町線が走り、京都市内へ約25分、大阪市内へ約45分、奈良市内へ約20分の好アクセスとなっています。市内には南北を縦断している京奈和自動車道や第二京阪道路が通っていて、交通網も発達しています。

豊かな自然にも恵まれていて、農業も盛んに行なわれています。なかでもお茶の玉露が有名です。この地の穏やかな気候と長年に渡り育まれてきた高い栽培技術により、一級品としての価値を持っています。

京田辺市には学園都市としての顏もあります。同志社大学を始めとした私立大学が多く、関西文化学術研究都市として位置づけられています。歴史と文化、そして暮しやすさのバランスがとれた街と言えるでしょう。

ページのトップへ