「立地と価格が決め手」京田辺市 Gさんの声

このページでは、京田辺市でマイホームを購入した人の体験談を購入しています。

子どもの教育を考えて場所選び

京田辺市で物件を探していたのは、生まれたばかりの子どもの将来や教育を考えてのことです。学術文化研究都市というだけあり、学校も多いですからね。マイホームは、これから将来にわたり定住する地になります。そこで物件を探すにあたり、市が実施していた「市民満足度調査」の結果も参考にしました。京田辺市に住んでいる人の70%近くが将来に渡ってずっと住み続けたいと答えていました。

さらに自然環境や保健福祉施設の充実、交通の便の良さなどがバランス良く、市民の定住志向の高さがあり、住みやすい土地だと思ったからです。大都市と比べると商業施設などの不足感は否めませんが、それでも毎日の暮しで不便に感じることもありません。

これからマイホーム購入をされる方は、何を優先するか、何を諦めるかを長い目で考えて決めることが大事だと思います。自分たちのプライオリティが決まれば、おのずと最適なエリアと物件がみえてくるものですよ。

ちなみに私たちはエリアが決まった後に、予算とも相談して新築の建売住宅に絞ってかんがえていました。建売はどれも同じようなものかと思っていましたが、不動産業者の案内で訪れた現地で夫婦ともどもビックリ。分譲地に建てられた建売住宅は、どれも外観が異なり、とても素敵でした。その中でも外観が特に気に入った住宅に決めました。収納スペースも多くて、妻も喜んでおります。

費用明細を大公開!

合計:3,350万円
内訳/
[土地価格]
約1,750万円
[住宅本体価格]
約1,300万円
[その他諸費用]
300万円

[購入プラン]
頭金/800万円
親からの贈与/800万円
住宅ローン/2,200万円
返済期間/35年
毎月の返済額/6万円
ボーナス返済額/-万円

※金額は全て税込

プロフィール
[家族構成]
夫30歳、妻30歳、第一子0歳
[世帯年収]
約800万円(税込)
[住まいの情報]
4LDK新築建売一戸建て住宅。専有面積100m2、敷地面積110m2

ページのトップへ