京都市洛中

このページでは、人気の高い京都市洛中の不動産物件の相場や地域の特徴を紹介しています。

人気の京都市洛中の不動産相場情報

●新築一戸建て
3,776.07万円(3LDK~4DK)
4,384.84万円(すべて)

●新築マンション
3,606万円(~50m2)
9,626万円(~100m2)

●土地
1,280万円(~50m2)
2,280万円(~100m2)

※京都市左京区の物件相場目安です。実際の価格は日々変動していますので、あくまでも目安になります。

京都市洛中の物件例

●新築一戸建て
価格:3,140万円
間取り:3LD
建築面積:107.11m2
土地面積:188.33m2
構造:木造2階建て

●新築マンション
イーグルコート下鴨テラス
価格:5,600万円台
総戸数:30戸
平均面積:75m2
平均坪単価:246万円台

●土地
価格:1,920万円
土地面積:149.04m2
建ぺい率/容積率:40%/60%F

京都市洛中の住みやすさや行政サービス

洛中は京都の中心部にあたります。北は北大路通から南は九条通まで。東は高野川・鴨川から西は西大路通までの地域を指しています。現在では上京区、中京区、下京区、左京区辺りを指していますが、正式な線引きがなされているわけではありません。

元々は豊臣秀吉が城壁のかわりに張り巡らせた土塁の内側にある場所で、周囲約23kmの地域が洛中と呼ばれています。京都の中でも歴史のある一角であり、明治2年まで天皇家や公家の住まいであった京都御苑や下鴨神社、西本願寺(共に世界遺産登録)などがあります。

中心部だけあり、交通アクセスが充実。阪急電車や嵐電、市バスがあって、クルマがなくても主なスポットに足を運べます。河原町や京都駅へのアクセスも至便。飲食店やスーパーをはじめ、行政サービスや施設も集っています。

一般的に中心的な繁華街は河原町通、烏丸通、四条通、御池通を囲むエリアで、堀川通・丸太町通・五条通・御池通などの大きな道路と細い道路が入り組んでいます。観光地でもあるため、人通りの多さや賑わいなども懸念されますが、それを差し引いても住環境として充実していて、人気のあるエリアと言えるでしょう。

ページのトップへ